製品情報

=弊社で加工を行っている主な製品のご紹介

ピニオンシャフト

   ピニオンシャフトはデファレンシャルギヤ(通称デフ)の中央部に使用されている
部品です。
   その機能は、自動車が曲がる際に発生するタイヤの回転差による負荷を吸収し
ます。この為、ピニオンシャフトには高い耐摩耗性が要求されます。高い耐摩耗性
を発揮する為、寸法精度・真円度・硬度等の品質が重要になります。
   また、エンジン出力による負荷に合わせて表面処理方法を変え耐摩耗性の向上
が図られています。


ピニオンシャフト デフ

▲ページのトップへ戻る

ATスプールバルブ

   ATスプールバルブは自動車のアクセルの踏込み具合や車速に応じたギヤ
チェンジを自動的に行う変速機のユニット内に使用されています。この変速機を
オートマチックトランスミッション(通称AT)と呼びます。
   ATスプールバルブはギヤの選択や加速・減速等の状況に応じて変速機構を
スムーズに機能させる重要な『油圧回路』の一部で、ミクロン単位の寸法精度が
要求されます。


ATスプール ATケース

▲ページのトップへ戻る

トーションバー

   トーションバーはステアリング装置に搭載されており、ハンドルとタイヤを結ぶ
重要な部品です。ハンドルを回す時にトーションバーが捻じれ、適度な反力が発生
することにより、快適なハンドル操作を行うことが出来ます。
ATスプールバルブと同様にミクロン単位の精度が要求されます。


トーションバー

▲ページのトップへ戻る