技術情報

=弊社の主な加工技術のご紹介

切削加工

   NC複合旋盤を用いて、鉄やアルミの丸棒材(バー材)から製品を削り出します。


◆加工例
切削加工前切削加工後
切削加工前 切削加工後
◆主な精度
項 目
外径公差0.02mm以下
内径(穴)公差0.01mm以下
全長公差0.1mm以下

◆参 考
穴明け(断面)溝入れフライス加工
穴明け(断面) 溝入れ フライス加工

▲ページのトップへ戻る

研磨加工

   センターレス研磨機や円筒研磨機等を用いて製品の外径を研磨し、製品精度を
向上させます。


◆加工例
研磨加工前研磨加工後
研磨加工前 研磨加工後
◆主な精度
項 目
外径公差0.008mm以下
表面粗さRz3.2以下
真円度0.005mm以下

▲ページのトップへ戻る

硬質アルマイト処理

   表面に酸化被膜を生成させることにより、アルミ製品の表面硬度を向上させるます。


◆処理例
アルマイト前アルマイト後
アルマイト前 アルマイト後
◆主な精度
項 目
硬 度HV330以上
膜 厚0.03mm前後

▲ページのトップへ戻る

チタン(TiN)コーティング処理

   鉄やステンレス等の表面にチタンコーティングを施すことにより、表面硬度を
向上させます。
また、高い硬度が要求される切削用の刃具にも用いられています。


◆処理例
チタン
コーティング前
チタン
コーティング後
チタンコーティング前 チタンコーティング後
◆主な精度
項 目
硬 度HV1000以上
膜 厚0.002〜0.004mm

▲ページのトップへ戻る